FC2ブログ

新年会と春合宿

みなさんこんばんは!休み期間に入り、朝早起きがなかなかできていないリュウです。

今回の記事は、もともとは別の人が担当する予定でしたが、合宿にほとんど参加できなかったことで、急遽私が担当することになりました。

私以外の新しいライターは近いうちにブログデビュー予定です。私よりも面白い文章を書いてくれることでしょう。

今回のメイン記事は、春合宿ですが、その前に新年会について少しだけ触れておきます。
1月25日に開催されましたが、その日はちょうど試験期間の最終日でもあり、試験が終わったことによる安堵感、結果がよくないだろうという不安など様々な感情がありましたが、試験期間中は我慢していたお酒はとても美味しいものでした。

二次会でカラオケに行きました。みんなの曲の選択のクセがスゴい~!
終電に間に合わなくなり、大学付近に住んでいる会員の家に泊まりオールでスマブラをしていた人もいたそうですよ。


それでは、今回のメイン記事である、春合宿について書いていきましょう。
今回の合宿は2月21日から25日まで行われました。私にとっては合宿係を担当するようになってから初めての合宿でした。

今回の活動プログラムはこちらです。
1日目 大盤解説 詰将棋
2日目 スポーツ大会 レクレーション
3日目 四人将棋 ペア将棋 クイズ大会
4日目 リーグ戦 表彰式

私は大盤解説とスポーツ大会の係を担当しました。
大盤解説は昨年の秋季団体戦の自分の対局を解説しました。
主に最善手は何だったかというのをクイズ形式で答えてもらいました。比較的簡単だったようです。
印象的だったのは、中盤から終盤の場面で私が指した悪手に対する「あ~(コイツ、センスないわぁ)」というため息です。
少し傷つきましたが、このままでは終われないので、次の合宿では勝った対局を解説するつもりです。
これからの個人戦、団体戦に向けて、めちゃくちゃ気合が入っています!頑張ります!

スポーツ大会は時間配分に課題を残しましたが、ボール鬼、テニス、卓球、ドッジボールといろいろやりました。
次の日に筋肉痛になるくらい体を動かしましたね。みんなで楽しめるスポーツもたまにはアリなんじゃないかなと思っています。

詰将棋は日ごろどれだけ取り組んでいるか、差が出たと思います。
私は、主にスマホのアプリで詰将棋を解いていますが、合宿などでは全く解けないことを考えると、取り組み方を改める必要があります。自分で盤面を並べて問題を解くことを習慣づけさせます。
合宿は毎回様々な景品が用意されますが、詰将棋上位入賞者は毎回豪華な景品をゲットする傾向があるので、次の合宿までに鍛えていきます。単純に景品ほしいので(笑)

レクレーションでは色とり忍者、ヌメロン、朝までそれ正解 の3つを行いました。
特に朝までそれ正解はかなりの人がドハマりして自由時間でも楽しんでいました。
このレクレーションで意外な才能を発揮した強者がいたり、終始笑いが絶えない、いい時間になったと確信しています。

四人将棋は自分が標的にされないように、必死に考えました。自分が思ったよりもうまくできた感じです。
ちなみに四人将棋の優勝者の景品はネタ枠(もらってもあまり喜べないものであろう景品)です(笑)

ペア将棋は大局観の共有が目的です。実力者からのアドバイスはとても貴重です。
「二手指しです」→「負けました」というハプニングもありました。

クイズ大会は解答者それぞれに得意分野があり、活躍する場面があったのではないでしょうか。
私は、野球観戦が趣味で、その分野なら任せろ位の気持ちでいましたが、普通に間違えて恥ずかしかったです...

リーグ戦は参加者それぞれ6局ありましたが、白熱した対局が多々見られました。
自分の勉強してきたことをすべて発揮できたわけではありませんが、これからの大会に向けて何をするべきかはっきりしました。
4月の個人戦からいい成績を残せるように残りの期間準備したいです。

今回の合宿は棋力向上ばかりではなく、それ以外のことにも力を入れたつもりです。
次の夏合宿では更に良いものとなるように、頑張ります。
今回で4年生は最後の合宿参加になりましたが、少しでも思い出に残していただけたら幸いです。

最後になりますが、今回の記事もお読みいただきありがとうございました。





2019 春合宿





2019 春合宿








スポンサーサイト

オール学生個人戦

遅くなりましたが、みなさま新年あけましておめでとうございます。本年も駒澤大学将棋愛好会をよろしくお願いいたします。

今回の記事もリュウが担当いたします。

2019年最初の投稿は1月5日に行われたオール学生個人戦についてです。
この大会は全ての「学生」に参加資格があります。ということは、出場者は大学生に限らないということです。
初参加の私は、この大会は腕に自信のある「学生」が全国各地から参加することがわかりました。

参加者は私、林、渡邉の3名、会場は御茶ノ水sola city Hall です。

感想を簡単に述べると、私に関しては、実力不足、経験不足な部分が全面に表れました。
いろいろ勉強はしているのですが、対局をするたびに、大会に出るたびに見える課題があり、それがあまりにも多すぎて全部克服できるのか?って最近思います。まぁ、全部やるしかないんでしょう。

参加者全員1日目で終了です。大会終了後、顧問の加藤さんも合流し一緒に神田明神へ行ってきました。
駒澤大学将棋愛好会の躍進を願って4人で参拝してきました。

新年最初の大会は黒星スタートですが、これから巻き返せるように頑張りたいです!

それでは今回はこの辺で失礼します。来週から試験期間に入るのでそっちも頑張ろう、俺!

秋季古豪新鋭戦

こんばんは。今回の秋季古豪新鋭戦も私リュウが担当いたします。
古豪新鋭戦は本日12月9日に行われました。
参加者は、私、伊達、堀田、竹下の4名です。

もともとこの大会は11月中に開催される予定でしたが、延期になり、何と!1日で6局というハードスケジュール(笑)
今はもう疲労困憊ですので、今回はかなり簡潔にまとめたいと思います。

私自身は全体としてひどい将棋を指してしまいました。精神的ダメージの大きい敗戦が続きました。
中盤の駒のぶつかり合いでどれだけ好手を指せるか、次の1手の勉強と状況判断が課題になりました。
何が良かった、悪かったのかをしっかり反省して、同じ間違いをしないようにします。

チームとして負けがこんだ大会でした。何位かって?ご想像にお任せします。
各自課題がわかったと思うので、今回の反省を次につなげることが大切だと思います。
難しいけど、切り替えてやっていくしかないですね。来年に生かせればそれで良しとしよう。

対局者のみなさん、応援同行してくださった方々、本日は長丁場でしたが、お疲れ様でした!
対戦校の皆さまもありがとうございました。

今回は短いですが、この辺で失礼いたします。
少し早いですが、年内にブログを更新することはないと思うので、皆さまよいお年をお迎えください。

島先生 鈴木先生 指導対局について

島先生、鈴木先生による指導対局は先ほど11月18日に開催されたと書きましたが、正しくは11月17日でした。
失礼いたしました。

棋友会

みなさんこんばんは。今回の棋友会の記事もリュウが担当いたします。
前回の指導対局の記事は写真の載せ方も含めてすべてが初めてのことでしたので、ブログの書き方をいろいろ調べていたら、時間がものすごくかかってしまいました(笑)

そろそろ12月になりますね。そして新しい年が近づいてきましたね。
1月には大学生の最大の敵である試験があります。単位ほしいです、マジで。
ブログ以外にもやることが山ほどあるので、さっさとこの記事書いて、これから勉強します(笑)

今回の棋友会は、11月24日に開催されました。
棋友会とは、簡単に言うと、OBの方々との交流会(トーナメントでの試合)です。
私は早々と敗退した中、現幹事長が3位入賞という好成績を残しました。
いやぁ、これだけ強いと嫉妬するレベルですよ。彼が敵じゃなくて良かったと心の底から思いました。
決勝戦と3位決定戦を見させていただきました。どちらの試合もハイレベルな戦いでした。
私も現幹事長に教わりながら(もちろん自分でも勉強するけど)成長していきたいです。
入賞された1位のWさんと2位のYさんもおめでとうございます。

また、同時並行で斎藤明日斗四段による指導対局も開催されました。
斎藤先生はまだ20歳とお若い、そしてカッコイイです。
プロ棋士による指導対局はとても貴重です。
二週連続でプロの方にご指導いただきました。その中で中盤の考え方をもっと改めないといけないと思いました。
良かった一手、改善できた一手を分かりやすく教えていただきました。
斎藤先生、指導対局をしていただきありがとうございました。また機会がありましたらご指導のほどよろしくお願いします。

その後、懇親会もありました。野球談議が熱かったですね!私はOBの先輩方と二軒目にも行き、全額おごっていただきました。
Kさんにはこの場を借りて改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

今年は幹部の引継ぎが例年よりも少し遅く、新幹事長と新副幹事長は就任直後から重大イベントが2つもあり大変だったと思います。慣れないところもあったけれどよく頑張ってくれたと思います。お疲れ様でした!

さあ、12月9日は年内最後の大会である、秋季古豪新鋭戦があります!(もう冬だけど)
今年もあと少しです。頑張っていきましょう!

それでは、今回はこの辺で失礼いたします。




プロフィール

将棋愛好会

Author:将棋愛好会
駒澤大学の公認団体である「将棋愛好会」です。
駒沢キャンパスの7-403教場にて、日々精力的に活動しています。

将棋やサークルに興味のある方、お気軽に教場にお越しくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード